LiteSpeed Cacheプラグインの画像最適化を使う

Pocket

LiteSpeed Cacheプラグイン画像最適化の処理の流れ

LiteSpeed Cacheプラグインは、中央Webサーバー上の画像最適化サービスへのアクセスを提供します。
仕組みは次のとおりです。

  1. [ 画像の最適化]ページの[ 最適化リクエストの送信 ]ボタンを押します。
  2. 中央サーバーは、コールバックの検証後に要求を拒否または受け入れます。
  3. 中央サーバーは、タスクを子サーバーに配布します。
  4. 子サーバーが画像を取得します。
  5. 子サーバーが画像を処理します。
  6. 子サーバーは、WordPressに画像の準備ができたことを通知します。
  7. cronジョブが実行され、画像がWordPressに戻されます。

3つのバージョンの画像が生成されます。

  1. yourimage.bk.jpg:画像の元のバージョン。
  2. yourimage.jpg:最適化された画像のバージョン。これは今後サイトに表示されます。
  3. yourimage.jpg.webp:JPGよりも約25%-34%小さい形式で保存された画像のバージョンです

他の画像圧縮プラグインは停止する必要があります

同時に複数の画像最適化プラグインを使用しないでください。

EWWW Image OptimizerやWebP Expressプラグインを入れてるとエラーがでるよ。

LiteSpeed Cacheプラグインの設定

LiteSpeed Cache> Settings> Mediaタブの最適化 Cron(LiteSpeed Image Serverから最適化されたイメージを取得するcronジョブ)はオン。

WebP 画像への置換(Image WebP Replacement)は、WebP画像を使用する場合のみON。

LiteSpeed Cacheの画像最適化方法

「最適化の初期化」というボタンをクリック。

以降の処理で使うキーが中央サーバーから取得されます。

レベル、クレジット、画像情報、最適化の概要が表示されます。

最初のリクエスト(Send Optimization Request)をクリックします。

ステータス情報は自動的に更新されないため、最新の情報を表示するには、Optimization Summary「最適化の概要」の横にある円形の矢印ボタンを押す必要があります。

最初の画像グループの最適化が完了し、システムに引き戻されたら(cronまたは[ 画像のプル ]ボタンを押して)、より大きな画像グループの送信を開始できます。再度Send Optimization Requestを押します。

イメージをプルする準備ができたら、cronが自動的にプルするのを待つことができます。または、プルcronジョブ(または一般的にはcron)を無効にしている場合は、プルイメージボタンを押してプロセスを手動で開始できます。cronが正常に実行されている場合、ボタンを押す必要はありません。

数回のバッチ処理の後、レベルが上がります。

出典:Image Optimization in LiteSpeed Cache for WordPress

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする