bonesでとりあえずsassを利用できる状態に

Pocket

ScoutAppをsetupしてみる

ローカルに解凍したbonesファイルに対して以下の操作を行ってみたよん。
ラッキー
ラッキー

Scoutの起動と確認をなぞる通りにScoutAppを起動して、inputfolderとoutputfolderを設定。

inputfolderを\wp-content\themes\theme-bones-master\library\scssにする。

outputfolderを\wp-content\themes\theme-bones-master\library\cssにする。

ScoutAppの■ボタンを押して起動する。

ScoutAppの画面をlog表示にしておく。

scssファイルの適当な値を変更してみる。

試しに_variables.scssファイルの$text-color: をいじってみると。ScoutAppのlog画面は下のようになり、scssの変更に伴ってcssが変更されたみたい。

cssフォルダごとサーバー上のcssフォルダにアップロード上書きしてみる。

サイト表示してみたけど何も変化なし。

とりあえず、_variables.scssファイルの$text-color: を元に戻してcssフォルダをアップロードしてみる。

サイト表示してみたけど何も変化なし。

たぶん、cssの階層を理解せずに適当に変更したので変わらなかったのだろうなと今回はこのままにしておくか...。

Bonesについて詳しく解説しているサイトのbonesの特徴を押さえるcssではなくscssをみてもう一回考えよう...かな

これでいいのか悪いのかもわからんよん。
残念クン
残念クン
審査員
審査員
アウト~~~

前へ戻る   次へ進む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする