子宮体がん 入院生活(術後その1)

Pocket

子宮等の全摘手術後の入院生活は吐いたり便秘で悩んだりとても大変な日々でしたが

吐き気は徐々に落ち着いていきました。(便秘は引き続きありましたが)

術後すぐはナースセンターの近くのお部屋におりました。そのため何かと看護師さんにすぐに対応していただきとても助かりました。しかし、吐き気が落ち着くと病状の重い患者さんをナースセンターの近くにしたいということで私は少しセンターから離れたお部屋に移りました。

そこは4人部屋で抗がん剤治療を受けている方たちのお部屋でした。
カーテンで仕切られたお部屋なので話声などが聞こえてきました。あるお二人の会話
”水分摂らなくちゃいけないって知ってるけどどうしてもとれないのよね”

”私もそうなの…”というような会話。

私はその時、私も同じだなって思いました。

自分から水分をほしいとあまり思わないタイプでした。

これからは癌と戦うためにも水分を摂ろうと心に決めました。

みんな元気になってほしい。。。と思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする