子宮体がん 抗がん剤治療(TC療法)副作用について

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

とうとう抗がん剤治療が始まりました。

私の父は白血病で亡くなりましたが抗がん剤治療を経験しました。

私は他県にいたため父が大変な思いをして抗がん剤治療を受けていたかを姉に聞いていました。たいがいの治療は乗り越えていた父ですが食事がなかなかのどを通らずご飯を水で流しこんでいたと聞いています。今から20年ほど前のことです。

なので私は抗がん剤と聞くととても怖い気持ちになりました。

本当に乗り越えられるのか心配でした。

その治療が始まりました。2018年11月6日から。

第一回目は入院して受けました。2泊3日の入院です。

実際、抗がん剤治療は入院2日目に行いました。

いつひどくなるのか全く分からないのでとても不安でドキドキしました。

TC療法は点滴で抗がん剤を入れるものでした。

副作用は先生から主に関節痛、吐き気、手足のしびれ、足については砂利を踏んで歩いているような感じ、点滴した日から2週間かけて白血球が下がっていき抵抗力が落ちること(その後また徐々に上がるが)、そしてしばらくしたら髪の毛などが抜けたりすると聞いていました。

 

まず食欲は私の場合抗がん剤を入れた次の日の夕食からなくなりました

それまではなんとか食べれました。

吐き気は抗がん剤を入れた次の日の昼から徐々にでてきました。(退院した日から)

そしてひどいのはその後の3日間くらい、少しひどいのが3日間くらい続き吐き気がおさまりました。

実際 嘔吐したのは抗がん剤の日から3日目(2回)、4日目(3回)、5日目(1回)でした。

そのため体重は5日目で治療前と比べ2㎏減りました。

(また徐々に戻りましたが…)

 

関節痛は抗がん剤を入れた次の日から3日間だけありました。

お腹がキリキリ痛んだり(手術した部位あたり)、体が全体的に痛かったりしました。

 

しびれについては手が右手から親指、人差し指、中指、薬指と順々にしびれていきました。

最初は手だけでした。(左手も途中からしびれていったと思います)

第一回目の抗がん剤治療後は足のしびれはありませんでした。

けれども足はその後の治療でしびれていきました。

 

髪の毛はだいたい2週間ほどしたころから少しづつ抜けていきした。

 

そのほか、頭痛や足の付け根が痛かったり、お腹の傷が痛かったり、なぜか左側のおまたが膨らんでいたりしました。

以上、第一回目の抗がん剤治療の私の主な副作用でした。

副作用も個人差があると思いますので参考程度になさってください。

 

これらの副作用は第一回目の抗がん剤治療後の症状です。この後主治医の先生と相談しながらまた経験しながら少しづつひどい吐き気など緩和していくことができ、第3回目くらいからはだいぶ治療に慣れてきっとこのままいけばすべての治療を乗り越えられると想像ができるようになりました。

(主治医の先生は少しでも楽に治療を受けれるよう副作用に対するお薬を変えてくれました)

 

 

 

 

 

 

 

error:Content is protected !!