金沢観光なら訪ねてみたい石川県立伝統産業工芸館の実演体験

Pocket

石川県立伝統産業工芸館ってなんや?

石川県立伝統産業工芸館は、岡山の「後楽園」、水戸の「偕楽園」とともに日本三名園のひとつ兼六園に隣接する場所に位置する博物館です。

九谷焼や加賀友禅を始めとした石川県の伝統工芸36業種が、三つの常設展に分けて展示され1年を通してエントランスホールで企画展が開催されています。

博物館自体の大きさはそれほど大きくなく、21世紀美術館や兼六園観光の混雑で少々疲れていても十分に鑑賞でき楽しめる博物館です。

実演体験ができる魅力

石川県立伝統産業工芸館の企画展では、常設ではありませんが実演体験できるプログラムも用意されており、予約は必要になる場合がほとんどですが、陶芸作家さんや染色作家さんの指導の下で陶器や染色を体験できます。

石川県立伝統産業工芸館9月企画展情報

石川県立伝統産業工芸館9月企画展では、以下の2企画が行われます。

陶芸や染織を趣味として始めるきっかけとして参加してみてはいかがでしょうか?

ろくろ九谷焼

「陶工房つばめ 電動ろくろ体験」

日時 9月8日(日)
講師 陶工房つばめ 平井悠一
所要時間 15分程度
定員 詳しくはお問い合わせください
時間 10:00~17:00(うち12:00~13:00はお休み)
内容 電動ろくろを使って陶土をろくろ成形し、お碗、カップ、小皿などを作ります(大きな器は出来ません)。1人15分を目安に制作をしてゆきます、1人ずつ順番にご案内してゆきます。
体験料 ¥2,000~2,500円(税込・送料込)
事前予約受付中!ご予約は工芸館【℡:076-262-2020】までお電話下さい。
空きがあれば当日飛び入りで体験可能です

出典 石川県立伝統産業工芸館ホームページ(http://www.ishikawa-densankan.jp/program/news/index.html

ねこ九谷焼

型紙を使って猫ポーチを作ろう

日時 9月1日(日)
講師 染色作家 宮嶋千恵
所要時間 1時間
定員 詳しくはお問い合わせください
時間 ①10:00~ ②13:00~ ③15:00~
内容 型紙をつかって、好きな色にポーチを染めます。
体験料 ¥1000円 (税込)
事前予約受付中!ご予約は工芸館【℡:076-262-2020】までお電話下さい。
空きがあれば当日飛び入りで体験可能です!

出典 石川県立伝統産業工芸館ホームページ(http://www.ishikawa-densankan.jp/program/news/index.html

また、北井真衣(九谷焼)、東早苗(九谷焼)、マルヨネ和陶房(九谷焼)、AOI(陶芸)、宮嶋千恵(染色作家)、森内瑞恵(加賀友禅)らによるほっこりニャンコ展―autumn―が石川伝統産業工芸館 2F第4展示室で令和元年8月30日(金)〜10月15日(火)まで開催されています。

石川県立伝統産業工芸館の住所とアクセス

住所: 〒920-0936 金沢市兼六町1番1号
電話: 076-262-2020
開館時間: 午前9時から午後5時(入館は4時45分まで)
休館日: 4月~11月は、毎月第3木曜日
12月~3月は、毎週木曜日及び年末・年始(祝日の木曜日は除く)
入館料:【1階】は無料ですが、【2階】は200円程度必要です。
バス: JR金沢駅より北鉄バス小立野方面行きに乗車、約15分。
出羽町で下車。徒歩1分。
タクシー: JR金沢駅から約15分。
自動車: 北陸自動車道金沢東または金沢西インターから30分。
※駐車場有(無料)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする