IAMってなんだろう

Pocket

IAM(Identity and Access Management)

アイデンティティ管理とアクセス管理のことらしい。

Amazon AWSの説明では

リソースへのアクセスできる範囲やアクセス方法を安全に制御するためのウェブサービスって書いてあったぞ。

どのユーザーが リソースを使用できるか(認証)、また、それらのユーザーがどのリソースをどのような方法で使用できるか(認可)を制御する機能があるらしいぞ。

出典:https://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cm-advent-calendar-2015-getting-started-again-aws-iam/#getting-started2

IBM CLOUDの説明では

IBM Cloud IAM の 2 つの主要な概念は、ID およびアクセス管理です。

ID管理

ID という概念は、ユーザー ID、サービス ID、アプリ ID、API キー、およびリソースから構成されています。

ユーザーは IBMid または SoftLayer アカウント ID 。

サービス ID は、アカウント内で使用されるもう 1 つのタイプの ID です。 サービス ID は、サービスおよびアプリケーションに別個の ID を指定するために使用されます。

アクセス管理

アクセス管理の概念は、ユーザーがアカウント内のリソースに対してアクションを実行できるようにする、相互に関連したいくつかの要素 (ユーザー、リソース、ポリシー、役割、アクション、IBM Cloud IAM 制御システムなど) から構成されます。

出典:https://cloud.ibm.com/docs/iam?topic=iam-iamoverview&locale=ja

よくわからんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする