AIラッキー マルタ島の言葉を教えてくれるよ

Pocket

AIラッキー 英語がわかるようになる

 

AIラッキーが英語を、ふるさとマルタ島の言葉にして教えくれるようになりました。

Watson AssistantからLanguage Translatorを呼び出す

Watson AssistantからwebhookでLanguage Translatorサービスを呼び出して翻訳機能を追加。

webhookでLanguage Translatorサービスを呼び出す流れ

Language Translatorサービス利用の準備

Language Translatorサービスを起動する。

IBM cloudサービスにログイン
画面の右上のメニューからカタログをクリック。
Language Translatorをクリック。

使用するサービスの地域とライトプラン(無料)を選択し右サイドバーの作製ボタンをクリック。

画面左上のIBM cloudボタンをクリックしてダッシュボードを表示する。

serviceをクリックしてリソースリストを表示

Language Translatorをクリックしてサービスを表示する。

この画面から、APIキーとwebhook先のurlが取得できます。
左サイドバーのサービス資格情報 => アクション欄の資格情報の表示で資格情報をjson形式で表示できます。

Watson AssistantからwebhookしてLanguage Translatorサービスを使う

Watson Assistantをサービス画面に入り。Watson Assistant起動ボタンをクリックする。

作成済のskillを選択し、dialogボックスを表示させてから使用するAssistantを選択してクリックする。

Watson Assistant画面の左側メニューのintent entities DIALOGの3つの項目で会話の流れを作っていきます。
intent(意図):どうする。
entities(目的):何を。
DIALOG(会話の流れ)

Watson Assistantでのwebhook使用の準備

画面左側メニューのoptionをクリックする。

ここでは、webhook先のurlとヘッダー情報を作成する。
urlには、取得しておいたurlの後ろに、/v3/translate?version=2018-05-01を追加して設定する。

ヘッダー情報は、Content-Typeをapplication/jsonとし、
追加認証情報の+ボタンをクリックし、Authorization と認証情報をセットする。
認証情報は、入力時に別画面にusename password入力画面が表示されるので、user名にapikeyの文字を、passwordに取得しておいたAPIキーを入力してセーブする。
セーブすると、認証情報の値が自動生成される。(Basic ×××××××××××....)

Watson Assistant DialogからWeb フックを使用する

ダイアログ・ノードからのプログラマチック呼び出しの実行の通りに設定する。

webhookを使用するDialogを選択する。左側に設定画面が表示される。

カスタマイズをクリックした後、Web フックセクションのトグルボタンをONにする。

webhookするParametersを設定する。
text: 翻訳する言葉。
model_id:翻訳元言語と翻訳先言語を指定する。

Language Translatorからの応答を取り出して処理する。

応答から、翻訳語のデーターを取り出す。
条件:$webhook_result_1
応答:

エラー応答で、jsonをすべて出力する時。

条件:output.webhook_error
応答:

エラーになるとき

404エラー:urlの後ろに/v3/translate?version=2018-05-01を追加しているか確認。
     :model_idでLanguage Translatorが対応していない組み合わせを使うと、404エラーになるみたい。

Language Translator入門チュートリアルをみてcurlコマンドを発行して応答を確認する。

下記コマンドのapiキーとurlを変更して応答を確認する。

curl -X POST -u “apikey:{apikey}” –header “Content-Type: application/json” –data “{\”text\”: [\”Hello, world! \”, \”How are you?\”], \”model_id\”:\”en-es\”}” “{url}/v3/translate?version=2018-05-01”

エラー例:
{
“code” : 405,
“error” : “Method Not Allowed”
}

curlコマンドでエラーの時

curlコマンド windouws10 失効の関数は証明書の失効を確認できませんでしたを参照。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする